不動産屋の繁忙期って?

PAK92_ryokousya20140208_TP_V

こんにちは! スタッフの山田です。

春の引っ越しシーズンがそろそろやってきます。お部屋探しで欠かせないこと たくさんありますよね。
予算、間取り、設備、立地、挙げればキリがないです。

シェアハウスの場合だと、男女比率や外国人比率、ハウスの雰囲気など色んな要素が加わりますね。

でも何より一番大事なのがタイミング。
どんなに気に入ってる物件があっても希望のお部屋が空室でないと入居もできません。
タイミングって一言で言ってもアドバイスにはなりませんね。

ではタイミングっていつがベストなのか?

2月~3月 この時期が一番お勧めです。

何故、2~3月なのか?

この時期は春の引っ越しシーズンです。

俗に言う 不動産屋の繁忙期に該当します。

進学や就職などで人の移動が一番多い時期です。
空室や空室予定が一番多くなる時期でもあります。
その分だけ入居を希望する方も数多くなります。

海外から来日する方はワーキングホリデー、留学目的などで2月3月がシーズンです。

4月ではほぼお部屋が埋まっているケースが多く、4月から入居を考えてる方も2月や3月中に問い合わせてお部屋を予約することを
お勧めします。

4月から入居を考えてる人が4月から探し始めても 手遅れのケースが多いのです。

もう一点 アドバイスを加えると、繁忙期はその日のうちにその場で申し込むのがベストです。

え どういう意味ですか?

2月~3月は繁忙期ということもあり、見学希望の方も普段より数多くなります。

実際に複数見学して、吟味のうえ時間をかけながら結論を出したい、という方の気持ちよく分かります。

しかしながら、この時期はあまり時間をかけるスタイルはお勧めできません。

選り好みをしている間にお気に入り物件があっという間に決まり満室となるケースよく見かけます。

「早く決めないと次の人が決めていきますよ。」この時期のお部屋探しで営業マンからよく聞く声です。

もちろん弊社スタッフはこんな言い方しませんけどね。

何だか催促を受けてるみたいで尻込みしちゃいますよね・・・私も地方出身なので非常にお気持ち分かります。

これって営業マンが成約率を高めたいために催促かけているのではなく、事実に基づくアドバイスなんです。

実際数多く入居希望を考えている人がいるため、本当に早い者勝ちの状況です。

特に国内の遠方在住や海外の方ですと、見学して決める時間的余裕がないために参考写真やHP掲載情報を確認のうえ予約申し込みをする方も多数いらっしゃいます。
ラフェスタでは英語専用のHPも用意していますので、世界中から問合せがきます。

あれこれ選り好みしている間にお気に入りの物件やお部屋は埋まってしまいます。

これらを考慮すると、この時期に物件見学をする場合は出来る限り早めの結論を出したほうが無難だということです。

気に入ったハウスやお気に入りのお部屋が埋まっていた場合でも、まずは空いているお部屋で生活しながら空き予定を待ってみるという方法も1つの手段です。

残念ながら理想のお部屋に住めなかったとしても、まずはお部屋を確保する。特に地方から上京する場合ですと、住処を確保することが何よりも優先されますね。
都内在住の方ですと、しばらく気に入った物件が見当たらなくてもいいやって感覚で過ごせると思いますが。上京組はそうはいかないですし。

ラフェスタの場合、契約更新の手数料が無料です。第一候補のお部屋に住めなかった場合でも更新料がかからないため、理想の物件や理想のお部屋に出会えるまでじっくり腰を据えて生活できるメリットがあります。

これからお部屋探しする人は是非参考にしてみください。

Written by 山田

このページの先頭へ